面接の場面では時として面接担当者から揺さぶりを受けることがあります。

面接で話し方の他に姿勢も気をつける
面接で話し方の他に姿勢も気をつける
面接で話し方の他に姿勢も気をつける

圧迫面接が行われる背景とその対処法

面接の場面では時として面接担当者から揺さぶりを受けることがあります。肘を机につくといった態度の他、強い語調で厳しい質問をしてくる「圧迫面接」がそれです。こうした手法はその際に応募者がとる態度や表情からプレッシャーやストレスへの耐性があるかどうかを見るために行われています。又、大手企業から中小企業へと転職しようとする応募者に対しては、自社を甘く見ているかもしれないと不安を抱いている面接担当者が行ったりします。

ここで不快感をあらわにしたり感情的になって反発したり、逆に押しつぶされてしまう応募者は、採用したとしても顧客との間でトラブルを起こしたりクレームを適切にそりできなかったり、職場内でのコミュニケーションの取り方や取引先との折衝の折に問題を発生させかねないと判断され、不採用となることがあります。厳しい質問を受けた際には、言下に否定せず開いての指摘を一通り受け入れた上で冷静に自分の意見を述べて応募先に会社でどういった貢献が出来るのか答えましょう。

採用に前向きな場合でも、面接担当者が不安材料とする応募者のハンディについて掘り下げて聞いてくることもありますが、これを応募者が「圧迫面接」と受け止めてしまうこともあります。

注目度がUPしている求人。ココでチェックしてみてください★

Copyright (C)2017面接で話し方の他に姿勢も気をつける.All rights reserved.