就職活動で大事な面接のときというのは、練習していた時と同じことを話しても、態度や話し方で伝わり方が変わってきます。

面接で話し方の他に姿勢も気をつける
面接で話し方の他に姿勢も気をつける
面接で話し方の他に姿勢も気をつける

面接で話し方の他に姿勢も気をつける

就職活動で大事な面接のときというのは、練習していた時と同じことを話しても、態度や話し方で伝わり方が変わってきます。面接官に何が伝わるのかがポイントになってきます。そのために気をつけたいのは、自分のクセなどを知っておくことで、喋り方を客観的に見れるようになります。そのために面接でも自分の印象を変えることができます。ついつい癖で伸ばし言葉にならないようにすることや、目線を外さないことも面接での気をつけたいことになります。面接をたくさん経験することが大事ではありませんが、事前に練習はたくさんやっていた方が人生の経験になります。

言葉使いの他にも、話す時の姿勢などは気をつけたいところです。背中が丸くなっていたりすると自信が無い人に見えますし、ビジネスの世界では姿勢で仕事ができるのか決まってくることもあります。背筋を伸ばしてしっかりとした口調で、面接官の目を見据えて話すようにすると、伝えたい内容が上手くなくても、きっと言いたいことが伝わっていきます。呼ばれた時や退室を伝えられた時などに、スピーディに移動もすることによって、心象がよくなりますので話す言葉だけではなく姿勢や動きを気にしておくことです。

注目度がUPしている求人。ココでチェックしてみてください★

Copyright (C)2016面接で話し方の他に姿勢も気をつける.All rights reserved.